イングリッシュガーデンのすすめ

Garden Design
sobo

わたしたち空間設計soboは
暮らしの中でゆったりできる空間をご提案する
設計施工会社です

幸せファミリーのお庭づくりをお手伝い

私たちのお庭づくり

私たちのミッション(使命)

2005年に個人事業として創業した時のキャッチコピーは「生活を10倍楽しくするお庭づくり」でした。
今のミッションは「暮らしの中のゆったりできる空間をご提案する」と文章は変わりましたが根本的な想いはずっと同じです。

わたしたちはお庭は日々の生活を過ごす日常空間の中でほんの少し非日常的な空間だと思っています。
日常の疲れをほんの少しでも癒してくれる、気分転換させてくれる。
そんな役割があるのがお庭だと思うのです。
わたしたちはそんなお庭の空間を設計施工する会社です。
窓から眺めたり、庭に出て遊んだり、庭いじりをすることによって普段の生活が少しでも楽しんでいただきたい。
そんな想いでお客様のお庭の設計を行っています。

基本的な考え方

Presentation

soboの提案

私たちの提案は、あなたが主人公だということです。
物語はイングリッシュガーデンをベースにしたあなたの庭づくりのお手伝いです。
あなたのガーデンへの思いをシナリオにしてドラマを演出します。
工事から数年経過しても納得していただくことが私たちの仕事です。
そこで庭づくりをされるあなたの四季のドラマを私たちと一緒に描いてみませんか?

憩いの空間 快適空間 四季の変化を感じる

Comfortable

エクステリア(ハード)と
植栽(ソフト)を
トータルに設計します

お庭づくりと一口に言っても、実はその中に様々な要素があります。
例えば、門や塀、駐車場やアプローチ、フェンスやカーポート、デッキやテラス、植栽など。それを表す言葉もたくさんあります。
外構、エクステリア、造園、土木、ガーデニングなどなど。
あなたはどんな言葉を思い浮かべますか?
私たちがご提供しているのは、基本的にそれらをすべて含んだ外回りのトータルデザインです。
とはいえ「外回りのことならなんでもやります」ということとは少し違います。

わたしたちは庭づくりにおいて、プランニングがとても重要だと考えています。
宅地の中の建物以外の部分をどのようにゾーニングするかというのはとても重要です。
駐車場やアプローチ、庭スペース、サービスヤードといった空間をどう仕切り、どういう動線でつなぐかというプランニングは第一に考えなければいけないことだと考えています。

打合せと実際の工事に差がでないよう工事はsobo専属の職人が行います。

せっかくご納得いただくまでお話合いを重ねても、工事に入ると打ち合わせと違うということになってしまっては何にもなりません。
わたしたちsoboの工事部隊はsoboの仕事だけを行っている専属の職人達です。
長年の付き合いの中でsoboのデザインをちゃんと理解してくれている人たちが工事にあたります。
もちろんわたしたちが工事の管理(現場監督)を行い、あなたの理想のお庭づくりを実現します。

SERVICES

わたしたちの庭づくり
soboの仕事

アウトラインを考える

アウトラインとは、外回り全体の区画割りや動線を設定することです。
建物以外のスペースをどう使うかを決めるプランニングにおいて最も重要な作業です。
アウトラインは駐車場の大きさ、アプローチ、門柱の有無、駐輪場、ガーデンスペース等を総合的に考える必要があります。
soboの庭づくりはアウトラインを総合的に考え、プランニングするところから始まります。

プライバシーを考える

南側に面したガーデンにウッドデッキやタイルテラスなどを設置されている方はたくさんいらっしゃいます。
たまの休日にちょっとティータイム、家族でBBQ、子供とプール、など色々な場面で使えるとても楽しいスペースです。
でもそこがご近所さんや道路から丸見えだとしたらどうでしょう?
ちょっと使いにくいとかもしれません。
家族で楽しむプライベートタイムはプライバシーも気にしたいところです。
だからといって敷地中をグルっと高い塀やフェンスで囲ってしまうのも閉鎖的な感じがしてしまいます。
周りの風景になじませてさりげなく上手にプライバシーを確保するためには高さはどの程度あればいいのか、どんな素材だと圧迫感や閉鎖感を感じないのか、意外とアイデアや工夫が必要なのです。

植栽を考える

なんといってもお庭の景観を引き立てるのは植栽です。
基本的に植栽は外構工事が終わってから最後に植えますが、この最後の植栽によってお庭がとても魅力的な空間となります。
ただ樹木も草花も飾り物ではありません。生き物です。
それぞれが特性に合わせた生長をします。10年後にどう生長するかを考えずに植えてしまうと後になってとても困ったことになってしまいます。
大きくなりすぎて湿った日陰を作ることもありますし、枝が重なり風通しが悪くなって害虫が大量発生したりします。
また自分の好きな環境とは違う場所に植えられた樹は病気になりやすく、本来咲くはずの花が咲かないといったことも起こります。
逆にそれぞれの特性に合わせてのびのびと生長できる場所に植えてあげると手間もかからず住人にとっても心癒される存在になるのです。
soboは樹々の特性をしっかり把握した上で適した場所に植栽できるようプランニングいたします。

庭を演出する小物を考える

soboにはお庭を演出する様々な小物がたくさんあります。
例えば、テラスやデッキスペースに置くチェアやテーブル。

これがあるだけでお庭の使い勝手は大きく変わります。
また日陰をつくるシェード、夜も楽しめるライティング照明、高さを出すことで3Dな演出ができるアーチやオベリスク、思わず使いたくなる水場の流し等、これらを効果的に配置することでさらにお庭を楽しむことができます。
soboではこんな演出ができる小物たちもたくさん取り扱っております。

Information

庭・エクステリア空間を快適に

1月のローズガーデン講座

1月のローズガーデン講座のご案内です。 1月25日(木)10時より塩尻市のフェリスクレール様にて ローズガーデン講座を行います。 今月は、バラの冬剪定の実習を行います。 今年きれいなバラを咲かせるには最も大事な冬剪定の講

詳しくはこちらから »