松本市で新築を建てると記念樹がもらえると聞いたのですが…
2016年2月3日

お客様からご質問をいただきました。
「松本市で新築を建てると市から記念樹がもらえると聞きましたが、
どんな木がもらえるのでしょうか?」

松本市以外の方、大変申し訳ありません。
今回のQ&Aは松本市にお住まいの方限定なのですが
松本市では新築を建てられた方に記念樹をプレゼントする
という制度があります。もらえる樹種は6種類と決まっているのですが
申請さえすれば必ずもらうことができます。

で、お客様からよく聞くご質問が
「どの木にすればいいでしょうか?」ということなんです。

ではどんな木がもらえるか見てみましょう。

松本市家屋新築記念樹交付事業

ここに記念樹に関する詳しい事が書いてあります。
記念樹の種類を見ると…

アカマツ(市木)
レンゲツツジ(市花)
ハナミズキ
シデコブシ
サルスベリ
チシオカエデ

となっております。この中で2本もらうことができます。

この中で、大きくならない木がレンゲツツジ。
(レンゲツツジは1本分で2本もらえます)

レンゲツツジ
低木ですから記念樹と考えるとちょっと寂しい気もしますが、
他の選択肢は全て高木ですから、庭にあまりスペースがない方や
大きくなる木を植えたくない方はレンゲツツジを選ぶのも方法です。

次にアカマツ。

アカマツ
この木だけが常緑樹です。あとは全て落葉樹。
ただ、マツは近年人気ないですよね~。なぜ人気がないかというと
和を感じるマツが昔に比べて洋風なモダンな建物との取り合わせが
悪いという理由もあります。
でもそれより人気がない理由はずばり手がかかるからです。
マツはある程度生長してきたら庭師さんに来てもらって剪定を
毎年のようにしないとボサボサになって大変なんです。
そして松葉が大量に落ちたりと今となってはとても手のかかる木の
代表格のようなものなんです。
(ちなみに私は松は嫌いじゃないです。家には大きな松があります。
でも手がかかるのは事実です。)

そして、最後にハナミズキ、シデコブシ、サルスベリ、チシオカエデ。
すべて落葉樹で全て高木です。
そしてチシオカエデ以外は花木です。

ハナミズキ

ハナミズキ

シデコブシ

シデコブシ

チシオカエデ

チシオカエデ(松本市HPより)

花の咲く時期は早いほうから
シデコブシ 4月初旬
ハナミズキ 4月下旬から5月上旬
サルスベリ 8月

チシオカエデは秋の紅葉が見所です。

植える際にご注意いただきたいのが、木の大きさです。
シデコブシは、モクレン、コブシに比べると大きくなりませんが
それでも最大で5m程度にはなる木です。

ハナミズキは最大で10m程度まで大きくなる木ですが、
環境にもよりますので、そこまで大きくなるのは珍しいでしょう。
それでも、6,7mにはなるかもしれません。

それから、ハナミズキは比較的枝が横に広がる樹形です。
建物際や隣地ギリギリに植えると後が大変ですので、余裕を持った
位置に植えるのがいいと思います。

サルスベリも最大10m。通常5,6mくらいにはなります。
チシオカエデは5m程度でしょうか。

記念樹としてもらってくる時はせいぜい1.5m程度なので、
ついつい適当な場所に植えてしまいがちなんですよね。
なので、大きくなった時のことをしっかりと考えて植える場所を
決めてくださいね。

もちろん剪定することによって大きさをコントロールすることも
ある程度は可能です。でも、そういう手間もかかるということは
お考えいただいておいた方がいいと思いますよ。

新築祝いに記念樹を2本もくれる自治体なんてそんなに多くは
ないみたいですよ。せっかくですから大事に育てましょうね!