〈Q&A〉松本市で地植えできる常緑広葉樹
2015年11月9日

お客様からご質問をいただきました。
「庭に常緑樹を植えたいのですが(松本市)どんなものがありますか?」

【お答え】
常緑樹というのは、一年中葉がついている木です。
その中でも広葉樹、葉っぱの広い木は寒さに弱いものが多く
松本市で冬越しできる種類は結構少ないのです。
針葉樹ならマツ、スギ、ヒノキなど寒さに強い木が結構あります。
コニファーと呼ばれる円錐形の針葉樹なども寒さに強いものが多いですね。

しかし、広葉樹で寒さに強い木となると…
庭木として人気があるのは前回のブログでもご紹介した「ソヨゴ」
秋に赤い実がなります。


ソヨゴ
他は、
「キンモクセイ」
「ツバキ」
「タイサンボク」(北風が当たらない場所)
生垣によく使われる「マサキ」「レッドロビン」
日陰の好きな「アオキ」「ヤツデ」「カクレミノ」
「ヒイラギ」「ホーリー」(西洋ヒイラギ)「ツゲ」

「ナンテン」「ピラカンサ」

こんな感じでしょうか。
低木や宿根草を含めるともっと種類がありますが、
ここでは一応中木以上の木ということでお話ししました。
モチノキやサカキといった木も条件によっては育つ場合が
あるようです。

東京ほか温かいところで人気がある
「シマトネリコ」「オリーブ」「ミモザ」などは残念ながら
松本市では地植えできません。

参考にしてみてください。