ボタニカルアート
2016年2月2日

ボタニカルアート

皆さん、ボタニカルアートってご存じですか?

上の写真のような植物を描いた絵のことです。

先日お邪魔した展示会の主催会社からお礼として送られてきたのがこのボタニカルアートポストカードでした。

私、ボタニカルアート大好きなんですよね。

元々の始まりは、ヨーロッパの大航海時代。

アフリカやアジアなど様々な国に咲いている植物を記録するために

描かれたのが始まりだそうです。

去年、私は東京に「バンクス花譜集展」を見に行きました。

バンクス花譜集展

かのキャプテンクックの大航海について行って各地で植物を記録していった人です。

またシーボルトが日本にいる時に日本に自生している植物を記録した本もあります。

これは、今も売っています。 シーボルト日本植物誌

この本は私も持っているのですが、植物についての記述もあってとても面白い本です。

こういう学術的記録的側面からスタートしているので、ボタニカルアートというのは基本的に

リアルでなければいけません。できるかぎりありのままを記録するのです。

デフォルメしてはいけないのです。でも、それがまた素晴らしいんですよね~。

ボタニカルアート

自分ではなかなかうまく描けないのですが、もう少し歳をとって時間が出来たら

ボタニカルアートに挑戦したいなぁ。