〈Q&A〉冬場の剪定について
2015年12月7日

 

コニファー

ご質問をいただきました。
「これからコニファーを剪定してもいいですか?」

新年を迎えるにあたって綺麗にしておきたいという
お気持ちでお尋ねいただいたようです。
ちょんちょんと少しはね出した枝葉を切る程度でしたら
大丈夫ですが、けっこうガッツリ剪定するのは寒い季節
はやめておいた方がよいです。

よく混同されてしまうのですが、落葉樹は寒い時期でも
剪定できます。むしろ葉がないので樹形がよく見えて
整えやすいですし、ゴミも少ないという利点があります。
実際、毎年1,2月くらいにあちこちで街路樹の剪定工事
が行われています。
ただ、これは落葉樹が冬場に冬眠状態になっているから
できることなのです。

冬場でも青々とした葉をつけている常緑樹(コニファーも
常緑樹です)は活動はかなり静かではありますが、冬眠してる
わけではありませんので、寒い時期に大胆に剪定すると
一生懸命寒さに耐えている時に余計に体力を奪われて
枯れてしまう可能性もあります。
かつて、とても立派なヒマラヤスギが立ち並ぶある場所で
冬場に切りすぎてしまい全て枯れてしまったことがありました。
同じく通りに面したコノテガシワ全てが枯れてしまった風景
も見たことがあります。

なので、常緑樹の剪定は寒い冬の時期は我慢してください。
暖かくなって木が活発に活動するようになってから剪定を
してください。